日本日本代表NATIONAL TEAM

ビーチバレーボールの「日本代表」とは、日本バレーボール協会(JVA)で選出された強化指定選手を指します。

 

2020年前期(2020年1月1日~6月30日)の強化指定選手の選考方法は、2019年12月1日時点でFIVB開催国枠ランキング(開催国代表用の個人ポイント採用)の2人の和の合計の上位4チーム(8名)の選手となります。5月24日以降は、開催国枠代表決定戦でオリンピック出場を決めたチームを1stチームとして強化に特化し、コンチネンタルカップ第3フェーズに出場する2チームも強化指定選手として強化を図ります(強化指定選手の任期は東京オリンピックの出場権利がなくなった時点で終了とする)。その他の選手選考(JVA強化指定選手)に関しては、強化委員会で2020年以降のオリンピックを見据えた選手選考を行って決定します。

 

また強化指定選手の中でも、東京オリンピックに向けてターゲットを絞り強化を特化する「強化特化チーム」も選出されました。
男子はFIVB 開催国枠ランキング上位2チーム(2人の和の合計)の高橋巧(ANAセールス)/長谷川徳海(愛媛県競技力向上対策本部)組、石島雄介(トヨタ自動車)/白鳥勝浩(トヨタ自動車)組を強化特化チームとして位置づけ、より強化を図ります。

 

2020年前期ビーチバレーボール強化指定選手(2020年1月1日~6月30日)

  ◆
2020年前期強化指定選手
■JOC 男子強化指定選手
1 高橋巧(1844)/長谷川徳海(1613) 合計:3457ポイント
2 石島雄介(1657)/白鳥勝浩(1469) 合計:3126ポイント
3 越川優(1189)/池田隼平(1184) 合計:2373ポイント
4 土屋宝士(1150)/村上斉(1092) 合計:2242ポイント

 

  ◆
強化特化チーム
東京オリンピックに向けてターゲットを絞り強化を特化するために、男子はFIVB開催国枠ランキング上位2チーム(2人の和の合計)を強化特化チームに選考
■男子強化特化チーム(FIVB開催国枠ランキング上位2チーム)
・高橋巧(1844ポイント)/長谷川徳海(1613ポイント) 合計:3457ポイント
・石島雄介(1657ポイント)/白鳥勝浩(1469 ポイント) 合計:3126ポイント

 

  ◆
国際大会派遣方法
AVCアジアツアー(2チーム):JOC強化指定選手のFIVB開催国枠ランキングの和が高い2チームを優先的に出場させその他のチームに関しては強化委員会で検討し方法を決定する。(出場チームの決定は各大会のAVCエントリー期日の7日前のポイントで決定する)
FIVBワールドツアー:FIVBの規定通り
コンチネンタルカップ:強化委員会で協議して決定する
■2020年東京オリンピック出場の選考方法
・開催国枠代表決定戦の優勝チーム(1枠目):2020年5月24日に決定
・オリンピックランキング15位以内入賞チーム(2枠目):2020年6月15日で決定
・コンチネタルカップ優勝チーム(2枠目):2020年6月28日に決定
※2020年7月3日までに第3フェーズ出場の2チームで代表決定戦を行い出場チームが決定
※オリンピックに出場するには2020年6月28日時点でFIVB開催国枠ランキング12位以内に入っていなければ出場することはできない。また、出場を決めたチームで1人の選手が条件を満たしていなかった場合は、出場の条件を満たしている選手と強化委員で協議し選手を選考する(怪我等の場合も同様)。

 

2020年目標順位

  ・
東京オリンピック:ベスト8
  ・
コンチネンタルカップ第3フェーズ:優勝
  ・
ワールドツアー5スター:9位
  ・
ワールドツアー4スター:13位
  ・
アジアツアー・アジア選手権:優勝