国際大会INTERNATIONAL EVENTS

FIVB主催大会

FIVB(国際バレーボール連盟)は、各地で開催されるビーチバレーボールの国際大会を主催する組織。ワールドチャンピオンシップ(2年に1度)、ワールドツアー、コンチネンタルカップ、19歳以下、21歳以下の世代別のワールドチャンピオンシップ(2年に1度)を開催している。

1987年から始まったワールドツアーは、通常のレギュラー大会が「5スター」「4スター」「3スター」「2スター」「1スター」と5段階と分かれ、他にも特別協賛がついている「メジャーシリーズ」、シーズン終盤に開催される「ファイナル」などがある。参加チーム数、獲得ポイント、賞金額など大会の規模が異なり、出場資格が定められている。

通常のワールドツアーは1月から11月にかけて、世界各地で年間50大会ほど開催。2018年7月には、東京・お台場にて「ワールドツアー4スター東京大会」が行われ、世界のトッププレーヤーが集結する。

FIVBが主催するワールドツアーは、2018年9月から始まる東京オリンピック出場がかかる予選大会としても該当。もっとも成績のいい12大会の獲得合計ポイントでオリンピックランキングを作成。上位15位が出場権を得ることができ、オリンピックに直結する大会である。

「5スター」
予選チーム数24、本戦32、賞金総額$600,000、日数5、コート数4

「4スター」
予選チーム数32、本戦32、賞金総額$300,000、日数5、コート数4

「3スター」
予選チーム数32、本戦32、賞金総額15,000(男女どちらか10,000)、日数5、コート数4

「2スター」
予選チーム数24、本戦24、賞金総額25,000、日数4、コート数3

「1スター」
予選チーム数16 、本戦16、賞金総額5,000、日数4、コート数2

[大会ごとの獲得ポイント数]

別表